Top > ふるさとCM大賞 ギャラリー

2002年から「abnふるさとCM大賞NAGANO」に応募してきた作品の数々 Edit

cm大賞.jpg
画像をクリックするとふるさとCM大賞のページに移動します。

2002年 「名前の由来は?」 Edit

CM2002.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2002のページへ

美麻村という名前を知ってもらうため、クイズ形式にしました。短い時間の中に4問を入れたので時間の調整に苦労しました。撮影はとてもなごやかなムードで楽しくできました。

2003年 「語り継がれなかった伝説」 (star)テクニカル賞を受賞 Edit

CM2003.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2003のページへ

1コマづつ粘土を動かして撮影するクレイアニメーションに挑戦しました。粘土がぎこちなくではありますが動いて物語を作っているところが見所です。
写真は約500枚撮影をして、その中で使えないものをはずしたり、あらたにパソコンで加工した写真を加えたりして最終的には約450枚で物語ができています。中に出てくる忍者のモデルは小学生が紙に書いたものをモデルにしました。
粘土に振り回された約90日間、すべてが初めての経験で本当に大変でしたが楽しい時間をすごすことができました。

2004年 「次の1ページへ・・・」 (star)長野県町村会会長賞を受賞 Edit

CM2004.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2004のページへ

美麻村で発行した「美麻村100年誌」をみて時代の1ページという言葉が浮かんできました。本のページをめくるように時間が流れて、1冊の本のように村が作られてきたという事を表現したくて考え、出来上がったのがこの作品です。「美麻村」という1冊の本は未だ完成する事はなく、これからも新ページが作られていく・・そのような気持ちで作りました。 

2005年 「いいとこせ〜 美麻村」 (star)アイデア賞を受賞 Edit

CM2005.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2005のページへ

今年は、美麻村の特産品などを使ってピタゴラ装置に挑戦しました。制作したのは、美麻中3年生9名と担任の先生、そして今回代表者となっているウエバーの11名です。撮影場所が学校の教室だったため、授業のたびに装置を片付けたり、また設置したりの繰り返し・・・大変でした。
今年で「美麻村」という名前は消えてしまいますが、このCMを見て、その制作シーンを思い出してもらい美麻村への私たちの「思い」が皆さんに伝わってくれたら・・・と思います。

2006年 「美麻とメンドシーノの絆」 [#sbb2cc87] Edit

CM2006.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2006のページへ

私達の住む美麻とアメリカ・メンドシーノは姉妹都市つながりを持っています。一年ごとに美麻とメンドシーノの子供達が、互いの地域を訪問し、交流を続けています。言葉の壁を越えた友達の関係を体で表してみました。言葉が違っても友達であり続けたいと願う心があれば通じるんだ!ということを忘れずに友情の絆をつくっていきたいと思います。 

2007年 「気持ちサラサラ 血液サラサラ」 Edit

CM2007.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2007のページへ

主演男優の今後一年間のダイエット目標達成をジェセリーノの予言より早く伝える近未来小説。
美麻特産の菜種、ヒマワリ油でメタボリック撲滅を目指すCMプロジェクトチームが映像化しました。さとうけん36才(独身) 

2008年 「洗濯物じゃないのよ(笑)」 (star)奨励賞(本選出場) Edit

CM2008.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2008のページへ

見所:宝物を表現した力作、珍作のTシャツ118点(の一部)をご覧下さい。
撮影場所:美麻青具藤(映画・銀色のシーズンの主人公宅からの眺望です。)
思い:地域活性化を子供からお年寄りまで地域全体で取り組めるイベントとして、宝物をデザインしたTシャツを作りました。
撮影場所の展示会場の草刈を20年ぶりに行いました。(計3回、88歳を筆頭に毎回30人〜40人参加) 

2009年 「ふるさと美麻へよっとくれ〜静の桜伝説〜」 (star)教育委員会賞を受賞 Edit

CM2009.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2009のページへ

美麻の名所「静の桜」を舞台にしたCMです。6年生がディレクター・カメラ・音声などを担当して作りました。多くの人のお世話になりながらも自分達なりに精一杯作りました。何度も取り直しをし、工夫をした杖のシーンに思い入れがあります。 

2010年 「海をこえて」 Edit

CM2010.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2010のページへ

大町市美麻とアメリカのメンドシーノの友好記念碑の愛と友情の絆を自然の中で育った14名の子どもたちの視点で描いたコメディー&ストーリー。企画、脚本、撮影、編集のすべてを子どもたちが行った作品です。最後のシーンのバックは、子どもたち自信で描いたゴールデンブリッジが登場します。 

2011年 「オオマチのレキシ〜昔々あったとさ〜」 (star)奨励賞(本選出場) Edit

2011cm.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2011のページへ

かつて、8ミリ先進国とも言われた大町市には多くの8ミリ、16ミリなどのフィルムが眠っています。しかし、その多くは文字の記録を持っていないので、単に保存するだけでは後世に間違った歴史を伝えてしまうことがあります。
私たちは、地域に眠る古い映像のデジタル化を通じて撮影者や当時のことを知る人などから話を聞き取り、文献を調べながら地域の歴史を映像文化財として保存する活動をしています。
今回、映像文化財を大町市の新たな魅力として“楽しく、正しく伝えること”をテーマにCMを製作しました。 

2012年 THE・自然とともに〜美麻の地で生きる〜 Edit

2012cm.jpg  [外部リンク] abnふるさとCM大賞2012のページへ

作業が間に合わず、夏休み中に絵コンテを描いたり、絵コンテを変更したりしました。
このCMを見て、他の地域の方々に、美麻がどんなに素晴らしいか、感じていただきたい。

2013年 「美麻の宝 輝け!小中一貫」 Edit

2013cm.jpg [外部リンク] abnふるさとCM大賞2013のページへ

小中連携校としてやってきた美麻小中学校が、来年度から小中一貫校としてスタートします。子どもは「地域の宝」と地域の方々に支えられながら、コミュニティースクールとしてもスタートします。「小中学生一人ひとりの力を合わせて取り組む姿」「美麻の小中学生が仲の良い所を見せたい」と、企画・撮影・編集を子供たちの手で創り上げました、美麻小中学校にたくさんの子どもたち集まって欲しいです。 

2014年 不参加 Edit

 不参加

2015年 不参加 Edit

 不参加

2016年 不参加 Edit

 不参加


Last-modified: 2017-05-01 (月) 21:45:17 (145d)

添付ファイル: filecm大賞.jpg 3件 [詳細] file2013cm.jpg 1件 [詳細] file2012cm.jpg [詳細] file2011cm.jpg 1件 [詳細] fileCM2010.jpg 12件 [詳細] fileCM2009.jpg 13件 [詳細] fileCM2008.jpg 12件 [詳細] fileCM2007.jpg 13件 [詳細] fileCM2006.jpg 11件 [詳細] fileCM2005.jpg 13件 [詳細] fileCM2004.jpg 12件 [詳細] fileCM2003.jpg 13件 [詳細] fileCM2002.jpg 13件 [詳細]