Top > 長門教室の紹介

 
  長門教室の紹介

−6th長門教室絵画陶芸展−

日時 平成22年10月21日(木)〜10月26日(火)
   午前10時〜午後5時(最終日3時まで)
場所 大町ギャラリーいいずら2階(入場無料)

 

nagato.jpg 

ー長門教室は絵画と陶芸の同好会ー

 長門教室は、平成16年の夏に発足したまだ歴史の浅い絵画と陶芸の同好会です。
当時、美麻村に在住しておられた長門裕幸先生を指導者に、現在、美麻地区の市民農園入居者
及び大町市民など約30名の会員が在籍しています。

 −自由な教室の雰囲気ー

 教室というとチョット堅苦しく感じられるかもしれませんが、教本とかカリキュラムがある
わけではありません。都合のつく会員が2週間に1回の頻度で集まり、思い思いに絵を描いたり
粘土を捏ねたりしながら、色々な会話を交わすなかで、質問したりコメントをもらったりする形
で長門先生に指導して頂いています。

 ー絵画の技術レベルは初心者から熟練者までー

 会員の技術レベルは、絵画、陶芸で多少事情が異なります。
絵画は入会して初めて油絵を描いた初心者から10〜20年のキャリアをもつ熟練者まで幅広く、
長門先生がお休みの時は熟練者が初心者にアドバイスしたりしています。
ジャンルは洋画で水彩、油彩、デッサンなど何でもかまいません。

 −陶芸の技術レベルは総じて初心者ー

 陶芸は多少技量の差はあるものの、総じて初心者の集まりです。
基礎的な制作手法は長門先生が説明し、実演して教えてくれます。
その後は会員各自の創意工夫や作品を通じて会員相互に影響しあう形で研鑽に努めています。

 −陶芸は年に2〜3回程度ー

 作品の焼成は年に2〜3回程度で不定期に行なっています。
今までに手がけた焼物は野焼き、焼締め、釉薬ものなどです。
平成22年の3月から4月にかけて、大町市老人陶芸の家の灯油窯にて総数200点
ほどの釉薬作品の焼成を行ないました。
現在(平成22年6月)は八坂の電気窯を利用しています。
また、8月には、久し振りに長門邸の穴窯を焚き、焼締め(備前の粘土を使用)に取り組みます。
 
 −教室運営は会員による自主運営ー

 長門先生にはボランティアで指導して頂いている関係もあり、イベント企画、会場設営、
資材調達、対外折衝、運営費の管理などの教室運営は、4人の世話役を中心に会員が自主的
に行なっています。

 長門教室に関するご質問があれば下記の問い合わせ先までご連絡ください

        問い合わせ先:大町市美麻 1932番地 おおしお市民農園
                3号棟 石田 辰弥(Tel 090-1820-3623)
                9号棟 廣島 宗太郎(Tel 0261-29-2261)

   【会員へのお知らせ】

   備前焼への取り組み
    長門邸の穴窯にて備前から取り寄せた粘土を使った焼締めを行ないます。
    主要な日程は以下の通りです。
      ・8月7日午前中    長門邸へ作品持込み
      ・8月7日〜13日   窯入れ
      ・8月14日〜18日  焼成作業(窯焚き)
      ・8月24日   窯出し
      ・8月28日      打上げ 
    粘土は既に入手済です。
    お分けしますので申し出てください。
    事前準備として穴窯の修理、薪搬入を27日に行いました。
    窯入れに向け、作品の制作に注力願います。
    又、窯入れ、窯焚きには会員各位のご協力をお願いします。
                                       以上

 
    

     

      
  


Last-modified: 2010-09-30 (木) 14:02:32 (2430d)

添付ファイル: filenagato.jpg 96件 [詳細] file長門教室美麻WiKi.pdf 971件 [詳細]